【コピペOK】Ruby on Railsのインストール方法【mac】

こんにちは!ちづみ(@098ra0209)です!私は今カンボジアにいながらこの記事を書いているノマドです。

今回はRuby on Railsの環境構築の方法についてまとめました!

 

ちづみ
今回はmacユーザーに沿ってお届けします!

構築と言っても、実はMac Osには最初からRubyが備わっています。なので、管理や呼び込みができるようにしていく作業をします。

基本コピペで行けます。

ターミナルを開く

 

まずはmacのターミナルを開きましょう。

 

ターミナルのポイント

 

今後ターミナルで開発するにあたって、初心者がつまづきやすい部分だと思います、

みなさんのターミナルはユーザー名の後に$マークがついているかと思います。

今後の記述や、他サイトの記述でも$マークがあったら、それは自分で打ち込むものではないという認識をしましょう。

なので、

というコードをコピぺしましょうと言う記述があれば、

上記の部分に入力することになります。$から先をコピぺをしましょうと言うことなので、$は基本自分では打ち込まないと言うことを頭に入れましょう。

 

 

 

homebrewをインストール

 

 

homebrewとは?

パッケージを管理するシステムのことです。インストールする場所を決めることができたり、macOS の機能にない部分を補完してくれる存在です。

ターミナルに

こちらをコピペしてエンターを押しましょう。これでインストールが完了です!

rbenvをインストール

rbenvとは?

複数のバージョンのRubyを簡単に切り替えることができます。状況に応じて必要になるRubyのバージョンを切り替えて提供してくれます。

これもターミナルに

↑これをコピぺしたらエンター($は入れずに!)

↑コピペしてエンター

↑コピペしてエンター

これでrbenvのインストール完了です(`・∀・´)

rbenvにパスを通す

簡単に切り替えるられるように、rbenvにパスを通しておきます。

↑コピペしてエンター

↑コピペしてエンター

↑コピペしてエンター

 

Rubyをインストール

 

↑コピペしてエンター

バージョン設定をしていきます。

↑コピペしてエンター

↑コピペしてエンター

 

 

bundlerをインストール

 

bundlerとは?

複数環境で開発を行う時に各環境で扱うパッケージの種類やバージョンを合わせてくれます。

 

↑コピペしてエンター

↑コピペしてエンター

 

 

 

railsをインストール

 

↑コピペしてエンター

↑コピペしてエンター

 

これでrailsをインストールできているはずです。