web制作ノマド女子のフリーランス1年間の収益報告と感想

こんにちは!ノマド生活をしているちづみ (@098ra0209)です!

去年の12月15日に教員を辞めてノマドになって1年がたったので収益報告とともに振り返ってみたいと思います。

ちづみ

これからフリーランスを考えてる人などの参考になればと思います。リアルを書いてるよ!

月ごとの収益報告

内訳は省きますが、基本月に2〜5件の案件をこなしています。webデザインのみだったり、webデザインからサーバーアップまでひと通りやったり、web制作のフリーランス育成をしたり、様々です。

1月0円
2月3,000円
3月130,000円
4月30,000円
5月30,000円
6月630,000円
7月170,000円
8月60,000円
9月360,000円
10月610,000円
11月220,000円
12月430,000円

※受注ベースです。

ノマドしながらweb制作で食えたは食えましたが、収益の振り幅が大きく出るのが個人経営の難しさでした/(^o^)\でもこれが経験できてマジでよかった。宝物の一年です。

去年の12月から今年の2月まで、iSaraでweb制作の学習を2ヶ月ほどしてフリーランスになりました。

11月から2月にかけてサイト制作の学習をして、正式に開業届けを出したのが3月です。表の通りですが、本当にコンスタンス(20万以上)に稼げるようになったのは、開業してから半年後くらい(9月〜)です。そのくらいかかりました。iSaraに行ってなかったら私はここまで稼げなかったので、本当に感謝です、、m(_ _)m

web制作はまだまだ需要はあることがわかったので、仕事としても数年は戦えると思うし、フリーランスの入り口としてもとても再現性のある職業なんだなと感じます。

とはいえ、振り返ると「大変だった」が一番最初に感想に出てくる一年でした。でも私は大変な経験をするために教員からフリーランスになったので、味わえて結構満足です。(ただのMですね)

ノマド生活をしてみて

フリーランスになって一番感じるメリットとして大きかったのは、「場所に縛られない」ということでした。国を変えて旅しながらでも、カフェでもソファーの上でも、仕事ができるのは本当にいいなと思いました。これを体験したらもう戻れないです。

ノマドした地域

1月タイ(バンコク)
2月日本(岐阜)→(長野)
3月タイ
4月日本(沖縄)
5月日本(岐阜)→(長野)
6月日本(東京)
7月タイ
8月カンボジア
9月カンボジア
10月タイ→台湾
11月日本(千葉)
12月タイ

主に東南アジアか日本にいました。物価の安い国に行ってお金の心配をせずゴリゴリ作業できるのがありがたかったです。

生活の支出

基本的に国外は物価の安い地域にいたので、生活費だけだと、5〜8万くらいあれば十分でした。

宿に泊まる時は東南アジアだったら1000円前後の宿で、移動の飛行機は15000円前後におさまるようにしていました。

生活スタイル

パソコンに向かう時間は仕事としての稼働時間は最初の半年くらいは10〜12時間くらい、その後くらいは6〜8時間くらいだったと思います。基本的にずっとパソコン作業をしていたので、初めて行く国や地域でも一切観光せずに終わるのがデフォルトでした。冷静に考えてももったい無いので、もうちょっと仕事の稼働時間は見直したいです。

場所を移動すると、気持ちも新たになる感じがして作業が捗ることが多かったので、月一くらいで自由に場所を変える生活は割と自分には合ってました。

twitter×ブログが最高に恩恵をもたらしてくれた。

この一年で大きく感じたのはこれです。どちらも今年の2月に開設しましたが、

お仕事だったり、コンタクトに繋がったのは、9割型、ブログをTwitterに流した時です。

つまり、2つの掛け合わせの発信が恩恵をもたらしてくれたわけで、ブログだけだったらSEO的に弱かったのでまず見られなかったです。SEOしか選択肢がないと公開してから見られようになるかどうかは、Google評価に依存します。Twitterがあると、関係なく読んでもらえます。普通に考えて凄くないですか・・・

web制作のフリーランスになるために準備しておいたほうがいいこと

半年は収入がなくても生きられるくらいの貯金

あれば本当に強いです。やはり最初からは軌道に乗るのは難しいのですが、継続によって安定できるので、継続のためのお金はあったほうがいいです。あとは精神的にもお金があると楽になれます。

発信媒体をもつ

SNSでもブログでも、とにかくweb上で自分の存在を出せる何かを持って育てていくことによってフリーランスだいぶやりやすいと思います。効率よく自分の存在をアピールできます。

実績を作っておく

自分が少しづつ単価を上げれたのも、受注に繋がったのも、績があるかないかは大きかったと思います。たぶんどんないい提案でも、実績がなかったらちょっと厳しいです。フロントエンドだったら、練習でいいので、たくさんサイトの模写をすることをおすすめしたいです。

自分でいうのも何ですが、progateのhtml,cssが終わった方には超絶ちょうどいい難易度のコーディング模写用のnoteを作りました。自分の実体験&70人以上のデータを集めて研究して作りました。ポートフォリオ作りにどうぞ!

コーディングの練習ならこれやってみて!コーディング練習用XDデータを出してるよ!

2018.11.18

 

この一年間で大きく変わったこと

ロジカルな思考になった

  • クライアントワークで相手を納得させるため
  • 確実に収益を出して食べていくため

この辺をこなす中でロジカルな思考が身につきました。「めっちゃがんばる!!」だけだと逆に消耗することがわかりました。(1年前の自分はそうだった、、、)

やたらと度胸がついた

技術的に7割型できると思ったらとりあえず仕事をばんばんとってみたり、フリーなので自分自身で解決したりしていく中で度胸がつきました。会社員をずっとしていたら確実に培われなかったです。

失敗は何度かあったけど、メールや電話でお叱りを受けても「離れてるから最悪殴られることはない」と考えるとわりと怖くなくなりました。また、「家が火事になってる状況よりはましだろう」と考えることによってチートになれました。←オススメ

また、ありがたいことにフリーランス育成のメンター業にも多く関わらせていただきました。iSaraや、田舎フリーランス養成講座のメンターをしたことによって「自分の姿を見ている人がいる」「自分以外の誰かに稼ぐ力を身につけさせる」という状況は、自分を相当に育ててくれました。

写真撮影:かんちゃん

昔から自他共に認める自信のなさはあったのですが、この一年でめちゃめちゃ度胸はつきました。

人との繋がりが一気に増えた

いろんな国や地域を渡り歩けたおかげでとてもたくさんの出会いがありました。これがめちゃくちゃ面白かったです。いろんな生き方、働き方をしている人にたくさん会うことができて、世界の広さを感じました。

重度のPTSDから再起しカンボジアの病院給食を作る人へ。料理人トモさんにインタビューしてきた

2018.09.27

「新卒インド」の道を選択したサカミさんにインタビューしてきた【新卒海外就職】

2018.09.09

1年間の後悔

もっとこうしてりゃよかったの失敗談です。

目標出しとタスク管理すればよかった

今月の目標とか、1年後の目標とか、1日のやることの洗い出しとか、本当に皆無でした。。。

ちゃんと目標設定してればそれに沿ってタスクを出していれば違う結果になったと思うし、長期的にも楽になれたと思います。明確な目標を立ててタスク作って記録残して改善繰り返さないとやっぱ途中から意識ふわふわしちゃいますね。トレロとかでいいので毎日つけてログ残そうと思いました。

発信媒体を育てておけばよかった

フリーランスとして活動するのであれば、ブログなりSNSなり、なにかしら発信や周知してもらえるなにかを持っておけば楽だと思いました。自分は持たずにフリーになってしまったので、仕事と同時並行で育てるのが大変でした。

 

来年やりたいこと

いろんな職業になりたい

やっぱり自分は今の子ども達が大人になっても楽しく生きてもらいたいので、そのために何かしらの手助けができる存在になりたいです。自分の一生を捧げて貫きたい信念です。

ケーキ屋になりたい子も、社長になりたい子も、お金持ちになりたい子もいたわけで、その夢を叶えてあげられるように自分が一番経験値を積みたいです。今一番興味があるのが狩猟と、店舗をもたない飲食店、カンボジアの病院のボランティアです。

働き方を変えたい

開拓のための時間の確保、食ってくための体制ももっと見直さないといけないと感じた一年なので、今までと同じことをやっていてもダメだと思うので、労働型の収益から自動収益の割合を徐々に多くしていったり、収入の柱を何本か作りたいです。

休みをしっかり作りたい

1ヶ月間休んでもなんも言われないのがフリーランスだと思うので、貯金が溜まったら休んで旅行したいです。あと人生に余白あった方がいい思考回路になるので、人生設計を余白がしっかりある、休んでいる期間に練りたいです。

得意分野を伸ばしたい

個人で活動していく中で、自分自身とよく向き合った期間でした。その中で何が得意で何が苦手なのか、何を伸ばしていくべきなのか、やめたほうがいいのかよくわかりました。

自分の場合、もとがある事柄に対してわかりやすく噛み砕いて伝える行為がオタクレベルに好きなことがわかりました。それが好きすぎて教員になったくらいです。0→1にするより、1あるものをどう加工するか、数字を大きくするかの方がやりがいを感じます。

【イラスト解説】WordPressでweb制作をするまでを宇宙一わかりやすく解説してみた

2018.09.11

教員からwebエンジニアになって、畑違いかなと思っていたけれども、ちゃんとこの領域でも需要やお仕事はあったので、今までやってきたことが活かせてよかったなと思いました。あとは、得意な領域はバンバン出していくもんなんだなと思いました。付加価値がついていくと思います。自分はこの領域をもっともっと伸ばしていきたいです。

会社員とフリーランス、どちらがよかったかというとフリーランスでした

会社員、教員、フリーランス、経験してみて、私の結論はこれでした。やはり理由の一番は「場所に縛られない」というところにありました。

でもフリーランスをしてみて営業から金銭管理全て自分で行わないといけない大変さは思い知りました。会社という組織の仕組みってやっぱり強いなと思いました。

これからフルリモートの会社員はバンバン出てくると思うし、そういうのは普通に考えて素晴らしいと思います。

 

以上です!今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

みなさん良いお年を!(╹◡╹)